二人の行いたい結婚式に合わせて結婚式場を選びましょう


身内だけで行うささやかな結婚式の場合

かつては、たくさんの招待客を呼んで盛大にお祝いしましたが、それよりも長年付き合う身内だけを結婚式に呼んで、無駄な費用を抑えるというスタイルも今の結婚式では見られることです。両家の親族だけが招待されるので、結婚式場もそんなに大きなところを借りる必要がなく、それだけでも予算を抑えることができます。また、狭い結婚式場でしかも少ない招待客ですから、当日初めて会ったと人でも親戚として今後も何かの機会に顔を合わせることがあります。

ですから、結婚式を機会に名前をしっかりと覚えて、少しでも親しくなっておいた方が今後の親戚付き合いを含めた結婚生活のためにも都合が良いでしょう。

たくさんの招待客を呼んで盛大に祝ってもらう結婚式

従来からある盛大に祝ってもらう結婚式は今でもあります。結婚式は二人の希望も大切ですが、両親の考えや職場の上司の考えも参考にすることが大切です。そのためにこれを機会にたくさんの人達の結婚の報告をした方が良いと判断した場合は、やはりたくさんの招待客に来ていただき盛大に祝ってもらう必要があるでしょう。そのための結婚式場は、招待客の人数に合わせて大きな会場にとなります。

まず、どの程度が来てくれるかを予想して結婚式場の部屋を抑え、予想よりも多い場合や少ない場合は、結婚式場の他の部屋が当日使えればその部屋に変更してもらいます。ですから、招待客には早く招待状を送付して、返信のない場合は、電話で出欠の確認をしていく必要があります。確かに準備は大変で費用はかかりますが、たくさんの招待客に祝ってもらえるので感激します。

福岡には博多一本締めと呼ばれる風習があり、おめでたい席では必ず行う古き良風習です。福岡の結婚式場では締めの儀式として残されています。