準備がスムーズにいくかは招待状にかかっている?作成と発送の注意点とは


どんな式になるのか決定づけるアイテム

招待状というのは、二人の結婚や結婚式への思いが初めて形になる重要なウエディングアイテムです。以後の式の準備がスムーズに進むかどうかを占うものにもなります。招待状は、デザインや情報の細やかさだけでなく、発送の段取りなども含めて、印象の良し悪しをゲストに与えます。まず、差出人は、以前は両家の父親の名前で出すことが多かったですが、近年は新郎新婦の名前で出すことがほとんどです。差出人は、ウエディングの主催者を表明するものなので、地域性や招待する顔ぶれを考慮して、差出人として誰の名前がふさわしいか、両家や両親と話し合っておきましょう。また、宛名書きや封入れ作業の丁寧さも、受け取る側には強い印象を与えます。手書きでなくても構いませんが、家族や親族の中に、達筆な人がいればお願いしてもいいでしょう。

作成と発送で注意したい点

招待状をDIYする際には、文面に句読点や忌み言葉は使わないようにします。また、返信期日は結婚式の一か月前を目安にし、お盆やお彼岸の発送は避けましょう。目安としては、結婚式の二か月前の吉日に一斉発送するといいですよ。そして、もし会える人であれば、手渡しの方法が丁寧です。ただし、会える日を待っているうちに、渡すのが遅れないようにしましょう。加えて、封入に漏れがないこともきちんと確認しておくことが大事です。そして、招待状の返事期日が過ぎたときには、言ったつもり、返事をしたつもりのこともあるので、念のためと付け加えて確認を取りましょう。まだわからないという場合には、式場プランナーに相談して、待てる体制を整えておくといいですよ。

京都の結婚式場は、周辺の街並みと調和した外観のところが多くあり、和装での挙式や披露宴に対応しているところが目立ちます。